個別指導塾を選ぶ

生徒の理解度に合わせてくれる

塾には多くの生徒と一緒に学ぶ集団指導塾と、生徒と講師が1対1で授業を行う個別指導塾とがあります。より、知識を身に着けたいのであれば、個別指導塾がおすすめです。個別指導塾の場合、生徒1人1人の理解度に合わせ、授業のカリキュラムが組まれます。苦手な分野があれば、そこを分かりやすいよう丁寧に授業を行ってくれるのです。集団指導塾の場合は多くの生徒を相手に授業をするので、1人1人に合わせてカリキュラムを組むということはできません。その点を考えると個別指導塾の方が、より知識が身に付くと考えられます。また塾で学ぶという場合、講師との信頼関係を築くのが必要ですが、個別指導塾の方がより信頼関係が生まれやすいようです。

消極的な生徒に合う個別指導塾

集団指導塾に通っているけれどなかなか成績がアップしないという場合、分からない所をそのまま放置している可能性が高いです。恥ずかしがり屋な性格のお子さんの場合、分からない所があっても講師に質問しないケースが多いと言われています。消極的な性格のお子さんの場合は、集団で授業を受ける集団指導塾よりも、生徒1人にクローズアップした授業の個別指導塾の方が向いているかもしれません。他に生徒がいなければ、分からない所もどんどん質問できるでしょう。また、友達がいると授業に身が入らないというタイプのお子さんも、1人で授業を受ける個別指導塾なら、集中して学べるというメリットが得られます。塾を選ぶときはお子さんの性格に合わせて、集団指導塾か個別指導塾か選ぶのがおすすめです。

小学生の塾選びは授業内容が大きなウエイトを占めます。学校の授業では足りない部分を補う内容であることと、講師の教え方がわかりやすいことが塾選びで失敗しないためのコツです。